長崎大学教育学部

組織概要&ビジョン

教員の資質向上への取り組み

教員を対象としたFD(Faculty Development)

教育学部では毎年,FD・SD委員会が中心となって,新任教員を対象とした「新任教員FD講習会」や,科研費獲得者を講師とした「科研費申請・採択ワークショップ」,そして教員が他の教員の授業を自由に見られる「授業公開」を実施しています。そのほかにも,学生委員会や教務委員会などの他の委員会との共催で,随時さまざまなワークショップや講習会を開催し,教員の教育・研究の資質向上に努めています。
近年の特筆すべきFD

  • 教職大学院公開授業と教員養成の動向に関する講演会
  • アクティブラーニングに関するFD
  • 合理的配慮に関するFD
  • 「障害者差別解消法」への対応
またFD・SD委員会は,年に2~3回の頻度で,それまでに開催されたFDを記事にまとめた「教育学部FD・SD News」を発行して学部の全教職員に配布しています。FDに参加できなかった教員に対してもFDの内容を周知することによって,すべての教員ができる限り等しく教育・研究能力向上の機会を得られるように配慮しています。

大学院教育に関する教員の資質向上に向けて

大学院演習に参加している教員有志が授業期間中の月に1回程度,昼ご飯を持ち寄って集まり,気軽に情報を交換するランチミーティングを実施しています。教員がお互いの持っている最新の教育現場の事情や,大学院生たちの学びの進捗状況を共有することによって,今後の授業計画や大学院生の指導方針をより効果的な方向へ柔軟に改善することに役立っています。
また,教職大学院では毎月,大学院専任教員が一堂に会して教職実践専攻会議を開催しています。教職大学院をめぐる社会や政策の重要な動向に関する情報を共有したり,大学院運営の問題点やより望ましい大学院教育や教育実践研究の在り方を議論したりして,「よりよい世界を築き上げてゆく教育のプロフェッショナル・リーダーを育成する」という教員全体の意識の向上と教育・研究の改善を図っています。


PAGETOP