コース・専攻案内

トップページ > コース・専攻案内 > 大学院案内(専攻・コース等の概要)

大学院案内(専攻・コース等の概要)

 教育学研究科は平成26年度より教科実践専攻を教科授業実践コースとして教職実践専攻の中に組み込み教職大学院の一本化をはかり、教員養成のためのより充実した内容を提供できるようにします。これにより教職実践専攻は、「子ども理解・特別支援教育実践コース」、「学級経営・授業実践開発コース」、「教科授業実践コース」の3つのコースに分かれており、それぞれ「的確な子ども理解力」を起点とした現場力の育成をめざし、児童、生徒のニーズに対応し、学校現場でリーダーとなれる教員および学校の機能を向上させるマネジメント能力を備えた教員の養成を目指しています。学部からの進学のほか、現職教員も対象としており、年齢や学校の枠を超えての交流が相乗効果をもたらしています。また共通5領域に「ICT教育」を加え6領域にすることにより、現在求められているICT教育に対応できる人材の育成にも力をいれています。

教育学研究科のアドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

教育学研究科の学位審査基準

■教職実践専攻の学位審査基準

 実践研究報告書の内容と最終試験により、高度な専門的職業人に必要な理論と実務の両面にわたる能力を備えているかどうかを審査する。報告書の審査は、指導教員を含む複数の教員によって行う。学位審査にあたっては次の要件を満たしていなければならない。

  1. 所定の期間在学し、定められた授業科目の単位修得が見込めること。
  2. ディプロマポリシーに定められたような高度な専門的職業人に必要な理論と実務の両面にわたる能力を備えていること。

ご覧になりたい専攻・コースをクリックしてください

教職実践専攻 子ども理解・特別支援教育実践コース 学級経営・授業実践開発コース 教科授業実践コース

このページのトップへ